名古屋学生チーム『鯱』(愛知県)

チーム紹介

名古屋市中区で活動しています名古屋学生チーム『鯱』です!名古屋の大学生を中心に約150名で構成されており、にっぽんど真ん中祭りをはじめ、全国各地、時には海外に飛び出し元気や笑顔をお届けしています!

活動拠点:愛知県名古屋市中区

ウェブサイト Facebook Twitter

動画

SNSストリーム

【10/21㈰ お祭りタイムテーブル】

10月21日㈰は、
・愛フェス2018
・名古屋まつり
・しまだ学区秋祭り(中央ステージ)
に参加させていただきます✨

また、愛フェス2018、名古屋まつりは両日とも参加させていただきます!

ご声援よろしくお願いします😊 https://t.co/iaTZssXAX9
【10/20㈯ お祭りタイムテーブル】

10月20日㈯は、
・愛フェス2018
・名古屋まつり
に参加させていただきます✨

読書の秋、食欲の秋、お祭りの秋!!
肌寒くなってきましたが、私たちの演舞であつくなってもらえるよう全力で演舞します🔥 https://t.co/WiCMYthZfg
【ダイヤモンドプリンセス出航 お見送り演舞】

今日はダイヤモンドプリンセス出航のお見送りとして「負けんな、しがみつけ!」と総踊りを披露させていただきました!

フェリーの中から一緒に総踊りを踊ってくださる姿もたくさんみえ、鯱っ子一同とても嬉しかったです😊

このあとも良い旅を!🚢 https://t.co/a3PkBLhWHS
【DCP in星ヶ丘会場】

今日は久しぶりにDCPを行うことができました!!

第20回にっぽんど真ん中祭りで新しく加わった星ヶ丘会場をお掃除して、朝からスッキリしました✨

次回は11月24日㈯鳴海パレード会場です! https://t.co/r7tIJhKnjV
初めまして。
私、台湾花蓮県鳳林鎮に住んでおります播磨憲治(日本人)と申します。

花蓮は今年の2月に大地震がありました。震災後、風評被害により、花蓮の主力産業である観光業は大打撃を受けました。
観光客が激減し、観光業に携わる方々は窮地に立たされました。
話は変わり、鳳林鎮は、台湾日本統治時代、日本人移民村・林田村があった場所です。その鳳林で今年の7月29日、そんな花蓮観光業復興支援活動として、戦後73年ぶりに日本夏祭りを復活させました。
当日は、和歌山県の熊野高校の生徒さん達が自費で参加してくださり、ダンスを披露、最後は地元の方々と盆踊りを踊ってくれました。

来年は、7月27日(土曜日)に開催予定なのですが、現在、来年の夏祭りでよさこいを披露してくださる方を探しています。
よさこい=夜来祭と台湾では呼ばれており、日本を代表する踊りとして台湾人にも認知されています。
夏祭りを主催するのは、花蓮県鳳林鎮国際交流協会(現在、設立準備中)と鳳林鎮公所(役場)になりますが、全て花蓮寄付金で賄わなければならず、あまり予算もありません。
しかし、私としましては、何とか日本を代表するよさこいで花蓮の方々に元気と笑顔を届けられたら、それこそが、日本夏祭りとして意味を持つと思い、突然で失礼なことは承知の上で、ご連絡申し上げました。

来年の花蓮県鳳林鎮で7月27日に開催されます日本夏祭りへのご参加につきまして、ご検討頂くことは可能でしょうか。何卒、よろしくお願い申し上げます。
きれいに撮れたので記念に・・・

※記事内の動画、ストリーム情報、プロフィール画像はプログラムがTwitter,Facebook,Youtube等から自動的に引っ張ってきたものです。

※内容の変更のある方はお問い合せからご連絡下さい。